電卓

収益物件で賢く高収入を実現しましょう~ドシドシ投資~

近年の不動産契約の変化

住宅模型を持つ男性

連帯保証人が不要になる

近年の不動産賃貸借契約では、保証会社と連帯保証サービスを契約する会社が増えています。昔の賃貸借契約では必ず第3者に連帯保証人になってもらい、家賃滞納などがあった場合は、連帯保証人に家賃の支払いをお願いするというケースが主流でした。しかし近年は単身の世帯や核家族世帯の割合が多く、気軽に連帯保証人を立てることが難しくなってきました。保証会社と契約することで、幾らかの手数料を支払いますが借主が債務不履行に陥った場合に代位弁済をしてくれます。勿論代位弁済を受けたら、後に支払いはしなければいけません。不動産の賃貸物件情報に、『連帯保証人不要』と記載があれば、貸主は保証会社を利用されているケースが多いです。

貸主のための制度

賃貸借契約で保証会社を利用するメリットはたくさんあります。貸主にとっては、家賃の滞納をされるというリスクはなくなりますので、安心してアパートやマンションの経営をすることができます。また借主にとっても、連帯保証人をわざわざ用意する必要もありません。特に高齢者で身寄りがない方や障害をお持ちの方、外国人の方などには連帯保証人を用意することが困難となります。どちらかというと、保証会社制度は貸主のための制度であると言えます。保証会社で契約するときは、入居者に対して審査が行われます。この審査に通らないと保証会社を利用することはできませんが、一定の収入があり金融事故等を起こしていない場合は、それほど高いハードルではありません。

Copyright© 2015 収益物件で賢く高収入を実現しましょう~ドシドシ投資~All Rights Reserved.